Shota Yamashita | 山下正太

山下正太 official site 横浜・戸塚 IRICO

妥協しないあなたへ【失敗しない美容室の選び方】

June 23, 2016
829 views
約 5 分

初めましての方もそうでないかたも、こんにちは ヤマシタショータです

1日5名様限定予約でフリーランスの美容師をしております

ここでお会いしたのも何かの縁、今日は少しばかりお付き合いくださいませ

美容室がたくさんありすぎて選べない!

幸せなことですけどね

無くて選べないのではなく、ありすぎて選べないのですから

まぁんなことは置いといて

 

美容室は全国になんと23万7525件! そして毎年3000件増えています

ちなみにコンビニは5万件、、、なんとコンビニの4倍以上もあるのです

そりゃ選びづらいし、自分にあった美容室、ましてやスタイリストにたまたま出会うことなんて奇跡のようなものです

そこで、今日は失敗しない美容室の選び方について考えていこうと思います

モチベーションの高いスタイリストを探せ!

img_2656

結論から言うとこれに尽きます

”プロのスタイリスト”という仕事は本当に高いモチベーションが必要なのです

 

美容業は、

トレンドや新技術の情報収集から、検証、練習をする【研究者】であり、

それを実際にお客様に表現する【技術職】【クリエイター】であり、

もちろん【接客】【サービス】もします

 

だからすごいだろ!ってわけじゃありませんそうしないと食っていけないのです

 

モチベーションの高い美容師はここに【アイデンティティ】が加わります

そう、他の美容師とは違う”なにか”を感じるスタイリストを探したいのです

モチベーションが高くないと、アイデンティティを持つまでに至らないことが多いのです

 

あなたの望みを叶えてくれる美容師は、きっと”他と何かが違うスタイリスト”なのです

美容師のモチベーションを上下させる要因は?

img_2640

では、モチベーションが上がるトップ3発表です

  1. 実力主義の環境
  2. しがらみの無さ
  3. キチンとした給料体制

話は単純です

しがらみの無い環境で、努力して実力がつけば、それに見合った給料が支払われる

この環境が美容師のモチベーションがあがる環境であり、こういったお店にはいいスタイリストがたくさんいます

勉強、練習を惜しまない、本当にお客様からの目線にたって仕事のできる、なおかつアイデンティティを持っているスタイリストがたくさんいます

 

逆に、モチベーションの下がるトップ3は

  1. 実力より媚び
  2. 多方面へのしがらみが多い
  3. あまりにも低い給料

上がる時の裏返しなわけですが、

正直こんなサロンばっかりな気がします

 

アシスタントのうちは1日18時間労働、給料手取りで1ケタなんてこともあります 割とあります

このアシスタント時代は、将来スタイリストになって大人気でボロ儲けでウハウハな生活を夢見てるのでまだモチベーションは高めです

だんだんと実力をつけて、お客様にみとめられてくるにつれて、気づいてくるのです

媚びばっかり売っていること、そうしないと給料も上がらないこと、肩書きなんて付こうもんなら自由はなくなってしまうこと

そんな風に美容師やってるといずれ腐ってしまうんですよね もったいない 努力、勉強することもやめてしまうんですよね

最初はみんないい目してるのに

 

話がだいぶズレましたが、そんなサロンにいいスタイリストがいるはず無いんですよね

ではそんないいサロン】と【よくないサロン】の見分け方をお教えします

あくまでも個人的な意見です

宣伝をたくさんしているサロンは避ける

img_2624

宣伝とは、新規のお客様を集めるためにするものです

宣伝をたくさんしている、ということはリピート率が低いということです

リピート率が高く、お客様が「また行きたい」と感じるサロンは新規のお客様がたくさん来ても予約が取れません

いいサロン、いいスタイリストには宣伝はあまり必要無いのです

さらに、宣伝費は結構バカにならない額です、その宣伝にかかる費用は、お客様から頂く料金に上乗せされるかスタイリストの給料から差し引かれます

どちらにせよ あまり良く無い傾向ですね

宣伝をたくさんしているサロンはお勧めしません

スタッフ10人以下で好立地なサロンは避ける

img_2647

好立地なサロンは家賃がとても高いです

例えば、表参道あたりで言えば、1ヶ月100-300万くらいです

この家賃をスタッフ10人以下では支えられません 売れっ子でもです

宣伝費の話と同じように、お客様の料金に上乗せか、スタイリストの給料から差し引かれます

本当はその分ハイクオリティな薬剤に使うなりしたほうがよっぽどお客様の満足度は上がるような気がするのです

迷ったらマンツーマンの美容室を選んでみる

img_2627

最近マンツーマンの美容室が増えてきています

途中で待たされたり、スタッフによる技術のムラもありません 伝達ミスもありません

何より担当スタイリストは最後までつきっきりで施術するわけですから、あなたの好みやライフスタイルも把握しやすい環境です、何より一人で担当している【責任感】は必ず持ってくれています誰のせいにもできないので

一概にマンツーマンがいいとは言えないのですが、迷ったら選んでみてもいいかもしれません

美容室が決まったら、スタイリスト個人名で検索してみる

img_2653

あなたが選んだサロンはきっといいお店だと思います

そんなサロンにはきっといいスタイリストがたくさんいて、それぞれ売りにしているアイデンティティがあるはずなのです

そのアイデンティティを世の中に発信している美容師って思ったより多いんですよ!

なんとなく「この美容室のこのスタイリストさん、いいなぁ」とおもっていたら、個人名で検索かけてみてください

そのなんとなくが”確信”に変わるかもしれません

電話してみるのも手

img_2637

今はネット予約が主流になってきていますが、わざと電話してみるのも手です

なにか疑問におもっていること、髪に対しての質問などしてみてるといいと思います

そのサロンの雰囲気や、接客の仕方、技術に対しての自信なども電話越しに感じられることも多いのです

余裕があればスタイリストを指名して予約してみましょう

img_2644

”指名したらそのスタイリストに歩合でバックがあるから、大事にしてくれる”みたいな単純な話ではありません

美容師も人間ですから、そういうのが全く無いとは言いませんが、そんなことより【期待に応えたい気持ち】が生まれるものです

美容師側から見てみれば、「新規のお客様で指名ということは”自分の持てる何か”に期待して指名してくれた」と思うわけです

当然、その期待には応えたいものです、きっとよくしてくれると思いますよ

あくまで個人的な意見でしたが、そう間違ってはいないと思います

img_2632

”高いモチベーション”を維持している美容師

探すと難しいようですが、意外といろいろなところで露出も多かったりします

あなたがその気になって探してみれば、本当は近くにいるのかもしれません

きっと”他とは違うなにか”を感じさせてくれると思いますよ!

では、素敵なヘアライフを!

出典:We heat it :Favim :Rasisa

横浜・戸塚 美容室【IRICO】 stylist

1990生まれ、湘南生まれ湘南育ち、普段は丸メガネかけてます

カラーは「何でもゴザレ」大の得意です

カット、パーマ、縮毛矯正は「似合う」を「乾かすだけで」をモットーに

【出会いは宝物】

このWebでお会いしたのも何かの縁、よろしくお願いいたします

[略歴]

山野美容専門学校卒後、美容師に

 カラーリストとして、スタイリストとして

 都内、神奈川県内にて10年勤務のち独立

個人メディア「Shota Yamashita」ライター

「Team Someshi」代表

 

See more info

830 views

Most Viewed Posts