Shota Yamashita | 山下正太

山下正太 official site 横浜・戸塚 IRICO

【似合う】と【らしさ】の考え方

June 3, 2016
988 views
約 6 分

初めましての方もそうでないかたも、こんにちは ヤマシタショータです

1日5名様限定予約でフリーランスの美容師をしております

ここでお会いしたのも何かの縁、今日は少しばかりお付き合いくださいませ

似合うって何?

あなたらしいって何?

哲学じゃ無いですよ、美学の話です

 

ちゃんと正解があるんですよー

漠然とした【似合う】と【らしさ】

img_2646

「この髪型似合いますねー!」とか

「あなたらしいスタイルですねー!」とか

よく聞くワードだと思います

 

そりゃ誰だって似合うって言われたら嬉しいし、自分らしいスタイルを望んでいますよね!

 

でも、この【似合う】と【らしい】というワード、少し漠然としてます

何をもって、あなたに似合うのか

何をもって、あなたらしいのか

もちろん、

なんとなくそう感じたから

そう、それは正しいんです、

 

そのなんとなく似合っている、なんとなくその人らしい、の本当のところを考えていきたいと思います

【似合う】とは

img_2627

似合うとは、視覚的にその人に合っている、ということです

視覚的にとは、

  • 頭の形(骨格)
  • お顔のパーツの位置や大きさ
  • お肌の色
  • メイク
  • 肩の高さや幅
  • ファッション
  • 身長など全体との兼ね合い

などなど、

目で見て判断できる材料によって作られるものです

 

一言でいってしまえば、バランスのことです

そしてこのバランスって正解があるものなんです

 

似合うために必要な要素の中で大部分を占める”顔型”について見てみても、

bc421ccd-e365-4809-8b02-2f8a60ff1d9a

こーんな感じでたくさんあるものなんです

それぞれ顔型に対して、欲しいところ、いらないところをコントロールしていきます

そうしていくことで、正解のバランスへたどり着きます(詳しくはこちら

 

そう、【似合う】とは、正解を導き出すことなんですね

ゴールがあるんです、だから、意図的に【似合わせる】ことができるんです

 

仮にお客様が望んで無くとも、美容師側が勝手に似合わせることもできるんです

 

視覚的にマッチしている、ということは初めてお会いする方でも、似合ってる!というのがわかるということです

【らしさ】とは

img_2641

対して、【らしさ】とは、

  • キャラクター
  • 言葉遣い
  • 行動
  • しぐさ
  • ライフスタイル
  • オーラ
  • 声のトーン

などなど、目では見えないことによって作られるものです

一言で言ってしまえば、個性と言ってもいいのかもしれません

もしくは、あなたのセンスと言い換えてもいいと思います

 

この【らしさ】とは、ともに生活する時間が長ければ長いほど、その人らしさが見えてくるものです

見えなくとも感じるはずなんです、にじみでるその人らしさ

 

ではこの【らしさ】、美容師とお客様の関係で考えると、一方通行では成り立ちません

【似合う】のように正解はないのです

 

【あなたらしい】とは、あなたのセンスに寄り添うことを意味します

 

そしてこの【あなたらしい】スタイルはライフスタイルにも依存すると考えています

  • 仕事上明るくできない
  • 校則が厳しい
  • 子育て中で、結べたほうがいい
  • 朝早く出かけるので、セットは楽なほうがいい

など、髪型について様々な制約はあると思いますが、これは破るべきではないし、無理をする必要もありません

その仕事をしているのはあなたですし、その学校に通っているのはあなたです

頑張ってお子様を立派に育てようとしているのもあなたですし、朝バタバタしているのもあなたなのです

 

その日々の暮らしの中で様々な人と接し、気を使い、時にはストレスに感じ、

TPOに気を配り、毎日バタバタと多少疲れを感じながら、

休みの日にはしなければいけないことを消化すつ日もあれば、

思いっきり遊び倒してたくさん笑う日もあるでしょう

 

その日常の中に出てくるあなたの味が個性であり、センスだと考えています

むしろそこが、隠そうとしても隠せないあなたの個性であり、あなたのセンスであり、【あなたらしさ】なのです

 

そしてそのあなたの味を、初めてお会いしたところで、理解した気になるのはむしろ失礼でしょう

美容師とお客様の関係ですと、信頼関係ができてはじめてわかるものだと思っています

 

目で見えない、個性やセンスに寄り添う、ということは、初めてお会いした方には、一見あなたらしさは伝わらないかもしれませんが、それでいいのです、

じわりじわりとわかっていただけることでしょう

まず【似合うスタイル】を

img_2650

本当の意味であなにマッチしたスタイルと出会うためには、まず似合うスタイルを探すところから始めましょう

探す、と言いましたが、これを探すのは美容師の仕事です

似合うスタイルを探してくれる美容師を探す、ということになるのかもしれません

 

先ほど申し上げましたように、【似合うスタイル】とは正解があるものです

そう遠くない将来、似合うスタイルとめぐり合えるはずです

”しっくりくる”

この感覚は大変すばらしいものですし、大切にしたほうがいいと思います

どこにいっても堂々と自信をもって生活できるでしょう

次に【あなたらしいスタイル】を

img_2660

似合うスタイル、もちろん素晴らしいものなのですが、オリジナルではありません

1+1=2 は全世界共通、いつ誰が答えても変わりません 1+1=田んぼの田!

正解があるものは、オリジナルではなく、パターンなのです

極論ですが、【あなに似合う】とは【あなたの見た目に似合う】ということです

(なんか悪く聞こえるかもしれませんが、似合うということは素晴らしいことですよ!お忘れなく!)

 

似合うの先は、【あなたらしいスタイル】を探しましょう

美容師とお客様との共同作業になってきます

 

”あなたらしさ”

「そんなん伝え方わからないし、わかんないよ」

 

それでいいのです、伝えられるようなものは所詮とってつけたようなあなた”らしさ”です

 

僕が個人的にみなさまにやっていただきたいことは、僕と友達になって欲しいということです

(無論、美容師とお客様という関係、お客様がお金を支払い、それをいただく立場であることはわきまえていますし、忘れたことはありません、それは大前提でというお話です)

おそらくですが、みなさまが【あなたらしさ】を一番さらけ出しているのはお友達だと思います

彼氏や夫もそうだと言いたいところですが、そうでもないこともありますので、、、

その輪のなかに少し首をつっこませてもらえるなら、さらっとあなたらしさを拾っていきます

 

どうしても美容室というところは多少緊張したり、着飾ったり、見栄をはったりしてしまいます

しょうがないんです、そういう場所なんです

 

ですから、自分はみなさまから友達と感じていただけるように、

言い換えればみなさまから見て、気を使う対象では無い人物になりたいんです

 

そういう気持ちでいることを理解していただきたい

それがみなさまにやってほしいことであり、

【あなたらしいスタイル】と巡り合う方法なのです

【あなたらしくて、似合っているスタイル】を目指して

img_2621

目標はここです

【あなたらしくて、似合っている】

最高の褒め言葉だと思います

似合うバランスなのに、オリジナリティも感じるスタイル

あなたらしいのに、無理していないスタイル

美容師とともに目指していってみてもいいのではないでしょうか?

では!

出典:We heat it :Favim :Rasisa

横浜・戸塚 美容室【IRICO】 stylist

1990生まれ、湘南生まれ湘南育ち、普段は丸メガネかけてます

カラーは「何でもゴザレ」大の得意です

カット、パーマ、縮毛矯正は「似合う」を「乾かすだけで」をモットーに

【出会いは宝物】

このWebでお会いしたのも何かの縁、よろしくお願いいたします

[略歴]

山野美容専門学校卒後、美容師に

 カラーリストとして、スタイリストとして

 都内、神奈川県内にて10年勤務のち独立

個人メディア「Shota Yamashita」ライター

「Team Someshi」代表

 

See more info

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. […] わたくし、この【似合う】と【らしい】は似て非なるものと考えています(詳しくはこちら) […]

Most Viewed Posts