Shota Yamashita | 山下正太

山下正太 official site 横浜・戸塚 IRICO

「選ぶことを諦めかけた人」へ、市販シャンプーの選び方

May 27, 2016
1821 views
約 4 分

初めましての方もそうでないかたも、こんにちは ヤマシタショータです

1日5名様限定予約でフリーランスの美容師をしております

ここでお会いしたのも何かの縁、今日は少しばかりお付き合いくださいませ

「もうシャンプー選びには疲れ果てた、、、」

「種類ありすぎなんだもん、、、」

 

そんなあなたに耳寄り情報です

シャンプー選びを諦めかけた方、その悩み1発解決します

市販でおすすめのシャンプー、トリートメントは?

img_2656

  ズバリ、   『なんでもいい』   以上です

 

 

 

いや、すみません でも本当です

正確には、 『あなたの髪のトラブルの原因は、シャンプー&トリートメント選びが悪いからではない』ので、 どれ使っても大差ないことがほとんどです

(もちろん、最後に独断と偏見に満ち溢れたおすすめ市販シャンプーを紹介しておりますので、そのまま我慢してお読みください)

まずそもそも、髪のダメージはサロンで起きるもの

img_2651

ダメージの原因となるものはたくさんあります

  • カラー
  • パーマ
  • ストレートパーマ
  • 縮毛矯正
  • ドライヤーの当てすぎ
  • アイロン
  • コテ
  • 紫外線
  • 濡れたまま放置

etc

  ありとあらゆることがダメージの原因になります

厳密に言えば、水に濡れることだってダメージになります  

ですが、そんなこと言ったら生きていけませんので

主に髪にダメージを与えてしまうものは何なのかお話をしましょう  

ダメージの原因のほぼ100%は「ケミカル施術」

img_2644ケミカル施術とは: パーマやカラー、縮毛矯正など、薬剤を用いて化学反応で髪の毛の形を変えたり、色を変えたりする、美容技術のことです

ダメージの原因はほぼケミカル施術です

逆に、ケミカル施術でミスをしなければ、ほかの原因は特に気にしなくてもかまいません  

簡単に言ってしまえば、サロンでカラーをしたとき、パーマをかけたときに、

担当美容師がこじらせなければ、家ではそこまで気を使わなくても大丈夫です

逆に、こじらせてしまえば、もともと髪の毛は死滅細胞です

自分では細胞分裂できません

トリートメント成分が入ってきてもそれと結合することはありません、入ってきたものは出て行きます割と早めに

どんなにいいシャンプー、どんなにいいトリートメントをつかっても、修復も回復しません

修復できないのなら、傷ませないことがなにより大事

img_2635

そう、傷ませないことがなにより大事なのです

では傷ませないためには、ケミカル施術でこじらせないことが大事です

では、ケミカル施術で傷ませないためには、

  1. サロンに行かない
  2. ナイスな美容師を見つける
  3. ケミカル施術の邪魔をしないシャンプートリートメントを使う

一つ目は、極論です

二つ目は、かなり運も絡んできますね

 

はい、ではここで三つ目!

ケミカル施術の邪魔をしないシャンプートリートメントを使う これ大事!

市販シャンプートリートメントのほとんどがケミカル施術の邪魔となる

img_2653

そうなんです

市販シャンプートリートメントには少なからず、むしろ大量に皮膜コーティング剤がはいっています

この皮膜コーティング剤は基本すべての商品に入っていると思っていただいて間違いないです

オーガニックだろうが、ノンシリコンだろうが、入ってます

もとはといえばこの皮膜コーティング剤、悪いものではありません

サラサラの手触り、ツルツルのツヤのために本来必要なものなんです

 

ですが、この皮膜コーティング剤は堆積するのです

毎日使ううちに、皮膜がどんどん厚くなっていきます

髪に絆創膏貼っているだけだったものが、知らぬ間にギブスはめているような状態になってしまいます

 

その厚くなった皮膜コーティング剤が、次にサロンでケミカル施術をする際に、邪魔になってしまうのです

本来の髪の毛が強いのか弱いのか、

薬剤が浸透しやすいのかしづらいのか、

判断できなくなってしまいます

それに、まずそもそも皮膜が厚いので、本来よりもだいぶ強めの薬剤を使わないと効かない髪の毛になってしまうのです

 

結果的に、ケミカル施術をこじらせる原因になります

独断と偏見に満ち溢れた市販のシャンプーランキング

img_2646

あくまでも”強いて言えば”のランキングです

あまり大差はないと考えてください

ランキングの基準は、サロンでのケミカル施術でこじらせづらい順になっています

市販部門

  1. モルトベーネ ピュアナチュラルシリーズ
  2. 無添加時代 シリーズ
  3. ベーネ ローズリペアシリーズ
  4. レブール モイスト&グロスシリーズ
  5. いち髪 シリーズ

通販部門

  1. オーセル オアシス天然シリーズ
  2. ラフィー シリーズ
  3. ユメジン ハイビスカスシリーズ
  4. デミ ミレアムシリーズ
  5. リマーユ ヘアシリーズ

はい!いかがでしたでしょうか?

あくまでも、ヤマシタショータの独断と偏見です

みなさま参考にしたり、参考にしなかったりしてくださいね

では!

出典:We heat it :Favim :Rasisa

横浜・戸塚 美容室【IRICO】 stylist

1990生まれ、湘南生まれ湘南育ち、普段は丸メガネかけてます

カラーは「何でもゴザレ」大の得意です

カット、パーマ、縮毛矯正は「似合う」を「乾かすだけで」をモットーに

【出会いは宝物】

このWebでお会いしたのも何かの縁、よろしくお願いいたします

[略歴]

山野美容専門学校卒後、美容師に

 カラーリストとして、スタイリストとして

 都内、神奈川県内にて10年勤務のち独立

個人メディア「Shota Yamashita」ライター

「Team Someshi」代表

 

See more info

1822 views

Most Viewed Posts